[PR]

 東京高検検事長の定年延長問題で、法務省が解釈変更をめぐる人事院との協議文書を「口頭で決裁した」と国会に報告したことについて、自民党の岸田文雄政調会長は23日、「微妙に(政府の)説明が変わってきている部分もあるやに国民も感じていると思う。しっかり説明をしてもらわないといけない」と述べた。NHKの番組で、野党側の批判を受けて語った。

 解釈変更に対し、立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「法律を無視、国会を無視している。恣意(しい)的人事だ。民主主義を壊す暴挙だ」、国民民主党の泉健太政調会長も「試合の途中で勝手にルールを変えるような話だ」と指摘した。

 首相が主催する「桜を見る会」の問題でも、共産党の田村智子政策委員長は「(安倍晋三)総理のウソが明々白々となっていく。なのに、総理は、自分は問題ないという結論をつくり、そこに政府の答弁を合わせていく。法治国家ではない」と語った。

 一方、大型クルーズ船での集団…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら