[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎について、韓国保健福祉省は23日、国内の感染者が新たに169人増えて、計602人になったと発表した。死者は計5人になった。南東部の大邱で起きた新興宗教団体の集団感染が拡大している。

 同省によると、新たな感染者169人のうち多くは宗教団体の関係者という。同省などは教会側から名簿の提供を受け、約9300人を対象に電話で症状を聞き取り調査している。これまでのところ約1200人が症状を訴えたという。

 韓国政府は同日に対策会議を開き、政府の危機警報段階を「警戒」から最高段階の「深刻」に格上げすることを決めた。文在寅(ムンジェイン)大統領は「政府と自治体の支援体系を一層強化して対応する」と強調。「集団行事は室内だけでなく、屋外でも自粛をお願いしたい」と国民に呼びかけた。

 一方、中国の国家衛生健康委員…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く