[PR]

 東京都で22日、介護老人保健施設で利用者を送迎する運転手を務めていた60代男性職員の感染が確認された。介護の現場では食事や入浴など職員と入所者が密接に関わることが多いうえ、高齢者は重症化しやすいとされる。各地の施設では警戒を強めてきたが、情報の少なさや対応の限界を訴える声も上がる。

 都によると、男性は風邪のような症状が出たため、12日に医療機関で受診。その後に出勤したのは翌13日だけだが、発症前の勤務状況は調査中だという。

 都は施設の入所者を含め濃厚接触者の有無などを調べており、保健所は施設に消毒作業を指示したという。都幹部は「介護老人保健施設の職員はマスクの着用を徹底しているし、発症後の勤務日も1日だけだ。ただ、高齢者は感染すると重症化しやすいので心配だ」と話す。

 東京都日野市の老人保健施設では、職員にマスク着用や手洗いなどの徹底を求め、利用者には外出時に人混みを避けるよう呼びかけている。男性職員は「市内で感染者が出たら、危機感をもって対応できる。だが、踏み込んだ対策をするには、『都内で新たな感染者が出た』というだけでは、あまりに情報が少なすぎる。もっと詳細な情報を発表してほしい」と述べた。さらに、感染したのが送迎を担当していた職員だったことについて、「送迎する職員は色々な場所を訪れ、通所の人も含めて様々な人に接する。より対策が難しいと思う」と指摘した。

 「職員がウイルスの媒介者にな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら