[PR]

 山形市がLINEの公式アカウントを始め、「友だち」登録者に商品などが抽選で当たるキャンペーンを20日から始めた。市長室で佐藤孝弘市長と記念撮影できたり、市報の表紙を飾れたりする商品もある。

 市は「山形市(@yamagatacity)」のアカウント名で2月から運用を開始。催しや休日・夜間診療、ごみの分別などの生活情報のほか、県外の人向けには観光やふるさと納税といった情報も発信している。「友だち」の登録者数は18日現在で2128人。1万人を目標に掲げ、キャンペーンを始めた。

 商品は、市長室の椅子に座り、佐藤市長と記念撮影できる(3人)▽市報4月号の表紙を飾れる(4人)▽黒沢温泉ペア宿泊券(1人)▽山形まるごと館紅の蔵食事券5千円分(10人)など6種類。登録すると専用ページが配信され、メールで応募する。29日まで。