[PR]

 プロ野球楽天イーグルスは2020年のシーズンから、本拠地・仙台市に伝わる漆塗りの技法「玉虫塗(たまむしぬり)」を使ったヘルメットを採用する。丈夫で美しく生まれ変わったヘルメットには開発に携わった多くの人たちの思いも詰まっている。

 濃い赤色の新しいヘルメットは、角度によって光沢の模様が変わる。手に持ってみると、表面はすべすべとしていて、見た目より軽い。選手一人一人の頭の形に合わせて、特注した下地に、東北工芸製作所(同市青葉区)の職人が漆や染料を塗り重ねて仕上げた。

 玉虫塗は、国策で仙台に設置された国立工芸指導所が、1930年代に輸出目的で開発したとされる。

 漆の間に塗り込んだ銀粉が引き…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース