[PR]

 新型コロナウイルスの日本での感染の広がりを受けて、オーストラリアの外務省は23日、日本への渡航警戒レベルを、4段階のうち下から2番目となる「十分に注意」に引き上げた。「感染が続いており、リスクが高まっている」と理由を説明している。

 一方、同省は韓国については、感染が集中する大邱市と慶尚北道清道郡への渡航は「再検討が必要」と上から2番目に、韓国のそのほかの地域も「十分に注意」に引き上げた。(シドニー=小暮哲夫)