[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を防ぐため、クルーズ船の寄港禁止や中国人の入境禁止など厳格な対応を進めている台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統の支持率が急上昇している。24日公表の調査は支持率68・5%で、先月の総統再選後の調査よりも11・8ポイント上昇した。

 世論調査機関「台湾民意基金会」による毎月の調査で、今月の値は2016年5月の初当選就任時の69・9%に次ぐ2番目の高さ。蔡政権の防疫対策について75・3%が「80点以上」と評価している。

 台湾では02~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)で37人が亡くなっており、感染症への警戒感が高い。陳建仁(チェンチエンレン)副総統は台湾大学の公共衛生研究所長を務めた防疫の専門家。蔡政権は先月22日に中国・武漢からの旅行者の訪台を止め、その後、中国人の入境を原則的に禁じた。クルーズ船の入港もいち早く禁止した。

 24日時点で台湾の感染者は計…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら