[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は24日、3月5日に開幕予定だった全人代を延期することを決めた。開幕日は改めて協議して決める。4月上旬を予定する習近平(シーチンピン)国家主席の国賓訪日に影響する可能性がさらに強まった。

 全人代は1985年から3月の開幕が定例化し、98年以降は3月5日の開幕が続いてきた。政治日程に狂いが生じることは、政権の安定を図る習氏にとって大きな痛手だ。

 新たな日程については、3月下旬~4月上旬を模索する動きがあるが、新型肺炎の状況を見極める必要から、この日は決定に至らなかった。習氏の訪日について、中国外交筋は「柔軟に考える必要が出てきている」と話す。

 この日の会議では、ウイルスの拡大につながったとみられる野生動物の違法取引を全面的に禁じる決定も採択された。全人代と同時期に開かれる全国政治協商会議も延期が決まった。(北京=冨名腰隆)