[PR]

 韓国保健福祉省は24日、新型コロナウイルスの国内感染者が新たに231人増えて、計833人になったと発表した。死者は7人。南東部の大邱で起きた新興宗教団体の集団感染が収まらず、この地域を中心に感染者が急増している。

 同省によると、感染者のうち、約6割は新興宗教団体「新天地イエス教会」の関係者。18日に女性信者(61)の感染が確認された後、女性と同じ宗教行事に参加した人を中心に感染が広がっている。韓国政府は教会のある大邱とその周辺地域を感染症の「特別管理地域」に指定。感染拡大を防ぐため、信者や住民らに外出の自粛を求めている。

 同省によると、女性信者は8日にのどの痛みや悪寒などの症状が出始めたが、9日と16日に同教会の礼拝に参加したという。

 同省や大邱市によると、女性が参加した礼拝には両日とも約千人が参加。隣の人同士が触れあうほど密集した環境で、約1時間半以上行われたという。同省はこうした環境の下で感染が広がったとみている。

 韓国メディアによると、礼拝後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら