拡大する写真・図版フィリピン・マニラから移送され、捜査員に囲まれ移動する容疑者(中央)=2020年2月24日午後3時37分、成田空港、長島一浩撮影

[PR]

 フィリピン・マニラの廃ホテルを拠点に特殊詐欺に関与したとして、日本人36人が現地当局に拘束された事件で、警視庁は24日、まず、うち9人について現地から日本への移送を始めた。同庁は組織の実態解明を進める。

マニラで目撃情報続々

 フィリピンの首都マニラのビジネス街、マカティ市。その郊外の、こぢんまりとした住宅や商店が軒を連ねる地域で、日本人の男女が頻繁に見かけられるようになったのは昨年9月のことだった。

 あるマッサージの店には毎晩、男たちが連れだってやって来た。「夜7~10時ごろに来店し、たいてい1時間のコースを選んだ」。20代の女性従業員は話す。

 なぜフィリピンに来たのか、何…

この記事は有料会員記事です。残り647文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。