[PR]

 JR秋田支社と日本郵便東北支社は20日、JR秋田駅に隣接する駅ビル「トピコ」1階に「秋田駅トピコ郵便局」を開設すると発表した。改装中の駅ビル1階は3月19日に再開する予定だが、郵便局もこの日にあわせて開業する。

 駅ビル内に設置することで利用者の利便性を高める。東北地方のJRの駅舎や駅ビルでは、すでに仙台駅の仙台駅内郵便局などがある。

 フロアスペースは約200平方メートル。郵便や貯金、保険サービスなどを扱う。郵便、金融相談窓口は土日や休日も利用できる。駅近くの「秋田中通一郵便局」から名称を変えて移転するもので、秋田中通一郵便局は3月13日に閉店する。

 駅ビル1階の改装は、郵便局が設置されるほかに、「食の駅あきた」をコンセプトに掲げて地元食材を中心に販売を強化する。これまで秋田市近隣から約200人の農家が直接持ち込んで販売していたフロア内の産直市場「みんなのやさい畑」でも、農産物の集荷に日本郵便が協力することになった。遠方の農家も最寄りの郵便局に持ち込めば、翌日午前中に同市場の店頭に並ぶという。(曽田幹東)