[PR]

 ドイツなどでは一般的なホットビール。これを日本でも広めようと、兵庫県伊丹市の企業2社が市場開拓に挑んでいる。今年創業470年の小西酒造と、ステンレス製品製造の精和工業所。専用のビールサーバーを8年かけて改良し、温冷の切り替えが可能なまでに進化した。「温かいビール」は受け入れられるのか。

 ホットビールは、ドイツやベルギーでは家庭でよく飲まれ、風邪をひいた時や眠れない時にも重宝されているという。鍋で熱したり、湯煎したりして50~60度に温める。

 日本酒製造の傍ら、ベルギービールの輸入を約30年続ける小西酒造の小西新太郎社長(67)。本場の飲み方は知っているが、これでは泡や炭酸が少なくなり、日本人には好まれない。専用のビールサーバーが必須だと考えていた。

 2012年、腐食しにくいステ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く