[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、交通網の遮断による「封鎖」が続く中国湖北省武漢市で24日、市当局が封鎖を一部緩和するとの通知を出しながら、数時間後に撤回する騒ぎがあった。「責任者の同意を得ないまま通知を出してしまった」と説明している。

 武漢市では住民らが市外へ出ることが禁じられているが、24日、市の対策本部が「第17号通告」を発表。武漢市以外に住居があり一時的に武漢を訪れていた人には、発熱症状がないことなどを条件に市外に出ることを認める内容だった。

 だが、約3時間後、市は「通知は無効とする」と撤回を表明した。交通部門の担当者が十分な議論や責任者の同意を得ないまま通知を出したとし、原因を調査後、厳しく処分するとした。

 中国では、経済活動の本格始動を促す動きが各地で出ており、武漢市の現場でも封鎖をいつまで続けるかを巡り、混乱が起きているとみられる。(上海=宮嶋加菜子)