拡大する写真・図版日本郵便が社員に配布している内部通報カード。「通報者が不利益を被ることはない」と書かれている

[PR]

 「局長が仲間を売ることは許せん」「(通報者に)局長がいたら絶対に潰す」――。日本郵便の有力郵便局長が配下の局長をそう恫喝(どうかつ)し、身内の問題を内部通報した人物を特定しようとしていたとみられることが、音声データからわかった。この「通報者捜し」からは、日本郵便の内部通報制度の運用をめぐる問題点が浮かび上がる。

通報したら…局長会で除名も

 音声データは昨年1月下旬に録音された。「(通報者捜しが)会社はダメちゅうけど、犯人を捜す」「(通報)してないな? 約束できるな? (名前が)あったらおれんぞ」といった言葉も生々しく残る。

 声の主は、旧特定郵便局長で九州ナンバー2の副主幹統括局長(当時)とされる。迫られたのは、同じ福岡県内の郵便局長だ。

 日本郵便の内部通報窓口に一昨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら