[PR]

 梅の名所として知られる京都市上京区の北野天満宮で25日、祭神・菅原道真の遺徳をしのぶ梅花祭があった。境内の約50種、1500本の梅は見ごろを迎えている。

 新型肺炎の影響で、野だての茶席は今回、近くの花街・上七軒(かみしちけん)の芸舞妓(げいまいこ)による茶運びを取りやめた。芸舞妓がマスク姿で茶を出すことを避け、上七軒歌舞会のおかみらが代わりに茶を運び、もてなした。同天満宮によれば、茶席には例年約3千人が訪れるが、今年は当日券の販売を抑え、約1千人に縮小したという。

 梅花祭は道真の命日に毎年開かれ、900年以上の歴史があるとされる。梅苑(ばいえん)は3月下旬までの公開を予定している。(大村治郎)