[PR]

 二酸化炭素などの温室効果ガスを多く出す石炭火力発電プラントの輸出を巡り、小泉進次郎環境相は25日、政府による輸出支援の要件の見直しを始めることで関係省庁と合意した、と発表した。11月に英国で開催予定の第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)に向け、要件を厳しくする方向で、6月までに結論を出す。

 石炭火力は最新型でも天然ガス火力の2倍の温室効果ガスを排出するため、欧州を中心に撤退の動きが加速している。日本は国内の新規建設に加え、東南アジアへのプラント輸出で国際的な批判を浴びてきた。小泉氏は「せめて輸出だけは見直すべきだ」と重ねて発言してきた。

 政府は2018年に閣議決定し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら