拡大する写真・図版巨人力士として人気だった出羽ケ嶽=撮影年不詳

[PR]

〈中〉「この便所使うべからず」

 昭和のはじめ、スポーツの人気は東京六大学野球に集中していた。一方の大相撲は、空席だらけ。そこで、相撲協会はこんな企画を打ち出した。

 「大衆デー」

 1926(大正15)年1月場所から、初日の切符を50銭均一とし、集客に躍起となった。

 そんな大正末から昭和の初めに三役を務め、人気が地に落ちた大相撲を「1人で支えた」とも評されたのが出羽ケ嶽だった。国技館の建物を出羽ケ嶽が1人で背負う戯画などが残っている。

 しかし、盲腸やひざ、背骨の故障が命とりとなり、番付を落とし始める。小結だった28(昭和3)年5月場所から3場所連続で全休。三役の地位を失った。

 大量の力士が相撲協会から脱退して新団体を設立した「春秋園事件」もはさみ、体の衰えとけがが重なり、番付を落とし続けた。

 35(昭和10)年1月15日。1月場所の5日目だった。幕内の下位力士となっていた出羽ケ嶽は土州山に敗れ、1勝4敗となった。

 このときに、出羽ケ嶽の「義兄弟」である斎藤茂吉が詠んだ、有名な短歌がある。

 《番附(ばんづけ)も くだり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら