[PR]

 プロ野球で、14年ぶりに古巣の西武に戻った松坂大輔投手(39)が25日、復帰後初となる実戦登板を果たした。宮崎市であった韓国・斗山との練習試合に先発。1イニングを投げただけだったが、2ランを浴びるなど被安打3で2失点。打者6人に計22球を費やした。

 一回1死三塁、左打席の3番打者への初球だった。139キロの直球を引っ張られ、右翼席の中段まで運ばれた。各打者から空振りを奪う場面もあったが、全体的に球が甘く集まった。最速は141キロ。アウトを三つ取り、松坂はうつむき加減にマウンドを降りた。

 投球内容について、淡々とした表情で振り返った。本塁打を打たれた場面は「得点圏に走者を置いて、初球にあの投げミスはしてはいけない」と反省。不本意な結果にはなったが、「打たれるはずじゃない、という球を打たれたわけじゃない。同じミスを続けないようにしたい」と今後の課題とした。

 「今日は僕の中で、試合に入った、というだけ」と松坂。次回登板については「(どれだけ投げるのか)分からないが、3回でも4回でも行けたらと思う」と話した。