[PR]

 原爆の影響で病気になり、経過観察のために通院する被爆者も原爆症と認定すべきかが争われた3件の訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷(宇賀克也裁判長)は25日、認定申請を却下した国の処分を支持し、原告の被爆者3人の訴えをいずれも退けた。被爆者側の敗訴が確定した。

 原告は広島や長崎で被爆し、白内障や慢性甲状腺炎になった広島、佐賀、愛知各県在住の女性3人。手術などの治療を受けていないものの経過観察のために続けていた通院が、原爆症の認定要件の一つである「治療が必要な状態(要医療性)」があるかが訴訟の争点だった。下級審の判断が分かれていたが、最高裁は3人が受けていた経過観察に要医療性はないと判断した。

 広島と愛知の女性について、広…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く