[PR]

 中東のイスラエルが、新型コロナウイルスの侵入阻止に躍起になっている。中国などアジア5カ国・地域に続き、24日からは日本や韓国からの入国も禁止にした。他国では類を見ない厳しい対応で、国民の過剰反応を招いている面もある。果たして、対応はやり過ぎなのか。

 いま、イスラエルの街を歩いていると、新型コロナウイルスへの警戒が日増しに高まっていると感じる。「コロナ! コロナ!」と指さされたことは一度や二度ではない。すれ違いざまに、さっと口を覆われたこともある。アジア人への過剰反応を示すのは一部の人に過ぎないが、「パニック」に近い現象にみえる。

 実は、イスラエルではまだ市中感染はゼロだ。だからこそ、政府は水際対策に全力を注ぐ。中国に続き、タイ、香港、シンガポール、マカオに過去14日間に滞在した外国人の入国を禁止。24日朝から、日本と韓国も入国禁止の対象に加えた。

 ネタニヤフ首相は23日、新型コロナウイルス対策の閣議で「準備不足より、準備し過ぎる方がいい。他国よりも厳重な対応をとり続ける」と語った。

 突然決まった日韓からの入国禁止は混乱を呼んだ。

 24日、ベングリオン空港では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く