[PR]

 オープン戦が本格化しているプロ野球は、26日に臨時の12球団代表者会議を開き、今後の対応を協議することになった。日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長が25日、明らかにした。プロ野球ではこれまで、各球団が応援時のジェット風船の禁止やファンサービスの自粛などで対応していたが、政府の基本方針会見を受け、対応を考え直すことにしたという。

 井原事務局長は「12球団の興行に関することなので、12球団に集まってもらう。まずオープン戦の対応を急ぐ」としている。オープン戦は29日から閉鎖空間のドーム球場も試合会場になり、3月15日まで行われる。公式戦は同20日にセ、パ両リーグ同時に開幕する。