拡大する写真・図版モデルの冨永愛さん=山本和生撮影

[PR]

 3月8日は、女性への差別をなくそうと、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。モデルの冨永愛さんは「小さな満足感を重ねて」と語ります。

1982年、神奈川県生まれ。17歳でニューヨークコレクションにデビュー後、トップモデルとして活躍。近年はテレビドラマなどにも出演。

 自分は何のために生まれてきたのか? 自分とは何なのか? 10代前半のころは私もすごく悩みました。

 ただ、10代後半になってモデルというやりたいことが見つかってからは、猪突(ちょとつ)猛進。目標ができたことはとても幸福なことだったと感じています。

 子どものころから背がとても高いことがコンプレックスでした。中学生ですでに175センチ。言いたくないような思い出がいっぱいありますよ。「でかい」と言われたり、ジロジロ見られたり。いつも疎外感を感じてた。他意のない言葉って逆に人を傷つけるんですよね。

 そんな高校生だった時、テレビ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら