【動画】将棋ユーチューバー折田翔吾さんプロ入り「信じられない」=白井伸洋、佐藤圭司撮影
[PR]

 アマチュアがプロ入りを懸けて戦う棋士編入試験五番勝負の第4局が25日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、「将棋ユーチューバー」として活動する折田(おりた)翔吾さん(30)=大阪市=が本田奎(けい)五段(22)に勝って3勝目を挙げ、合格した。4月1日付でプロの四段となる。現在の編入試験でのプロ入りは2人目。

 折田さんは2勝1敗で、この日の勝負に臨んだ。本田五段は棋王戦で挑戦者になり、プロ入りから1年4カ月でタイトル戦出場を果たした俊英。渡辺明棋王(35)との五番勝負は現在1勝1敗だ。「試験官」を務める5人の中で最も手ごわい相手に対し、先手番の折田さんは得意戦法の「相懸かり」で挑んだ。優勢に立った折田さんが本田五段の粘りを振り切って、大勝負を制した。

 折田さんは「信じられない。寄せがひどくてなかなか勝ちきれない展開で、苦しくしたところもあった。気楽に楽しんで臨もうと思った。落ち着いて臨めたと思う」。記者会見では「手術台のベッドの上で薬を投入されて、自分が望む夢を見ているのかなと思う」と語り、笑いを誘った。本田五段は対局直後、「中盤でまずくしてひどかった。折田さんはリードして勝ちきるのがうまい印象を受けた」と話した。

 折田さんは棋士養成機関「奨励会」で、プロ入りまであと一歩の三段になったが、規定の成績を挙げられず2016年に退会。その後、動画投稿サイト「ユーチューブ」で始めた自分の対局の実況が評判を呼んだ。アマ大会での活躍に伴って出場したプロとの公式戦でも好成績を挙げ、編入試験の受験資格を獲得していた。

     ◇

 折田さんの棋士編入試験合格に、関係する棋士たちからコメントが寄せられた。

 日本将棋連盟会長の佐藤康光九段は「この度の棋士編入試験の合格、誠におめでとうございます。4局とも見事な戦いぶりでした。ご自身の個性を生かされ、棋士として、将棋界の枠を超えた活躍を期待しております」。

 2005年に61年ぶりとなるプロ編入試験を受けて合格し、制度化へ道を切り開いた瀬川晶司六段は「折田さんおめでとうございます。プロ編入の先輩としてとてもうれしいです。彼の素晴らしい戦いぶりに勇気づけられた方も多かったのではないでしょうか。私も励みになりました。プロ同士としての対戦を楽しみにしています」とコメントした。

 14年に制度化された編入試験を受けて、最年長の41歳でプロ入りを果たした今泉健司四段は「折田君、おめでとう。自分の力を信じて戦い、勝ったこと、本当に素晴らしいです。そして、これからが本当の勝負。将棋で勝っていくことは当然だけど、それ以上にやるべきことは、ファンの皆様に愛される棋士になることだと思います。棋士それぞれに課された役割があります。折田君でしかできないことをしっかりやっていって、将棋界にお互いしっかり尽くしていきましょう」とコメントを発表した。(村瀬信也