[PR]

 京野菜として有名な「九条ねぎ」を大量に盗んだとして、京都府警は25日、同府久御山(くみやま)町の無職井上信宏(42)と住所不定の無職静(しずか)幸友(42)両容疑者を窃盗容疑で逮捕し、発表した。井上容疑者は「今は話せない」と供述し、静容疑者は容疑を認めているという。

 八幡署によると、2人は昨年11月19日午後5時ごろから21日午前8時ごろまでの間に、同町の農家の畑から九条ねぎ300キロ(15万円相当)を刈り取り、盗んだ疑いがある。

 府警やJAによると、昨年10~11月、同町を含む府南部の少なくとも5軒の農家の畑から、計1トンを超える九条ねぎが盗まれ、被害額は100万円以上に上るとみられる。府警は、手口が似ていることから関連を調べている。