[PR]

 新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を防ごうと、政府は25日、一部の地域で起きている小規模な集団感染「クラスター」の発生をいち早く見つけて専門家チームを派遣する対策班をつくった。データ収集や分析には大学の研究者も加わり、自治体との連携も強める。

 クラスターとは一定の感染経路でつながりのある患者集団のことだ。クラスターの感染者が別の場所で感染を広げ、新たなクラスターを作り、感染が急拡大することが危惧されている。

 新型コロナウイルスの感染は、患者のせきやくしゃみのしぶきを吸い込む飛沫(ひまつ)感染や、ウイルスが手に付いて口や鼻を触る接触感染で起きる。ただ、厚生労働省によると、多くの感染者は周囲の人にほとんど感染させていないという。一部の特定の患者が多くの人に感染させたと疑われる事例がある。こうした人によってクラスターが生じているとみられる。

 東京都で起きた屋形船での集団感染もその一つと考えられている。武漢からの旅行客を接客した従業員がまず感染し、その後この従業員が乗船した船内であった新年会で、参加したタクシー運転手の間に感染が広がった可能性がある。

 このため、政府が25日にまとめた基本方針では、クラスターをできるだけ早く抑え込み、別のクラスターが次々に生じないよう対策に力を入れることにした。

 感染の中心になっている人を早…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら