[PR]

 東京パラリンピック開幕まで半年となった25日、東京都江東区の有明西学園で記念のイベントが開かれ、小学3年生の児童109人が半年前にちなんで「6」の人文字をつくった。児童は「パラリンピックまであと半年」のかけ声で、ピンク色のボードを一斉に掲げた。

 イベントでは、女子走り幅跳び(視覚障害T11)で東京パラの代表に内定している高田千明選手と、声で高田選手に指示を出す「コーラー」の大森盛一さんが特別体験授業をした。アイマスクをした選手役と、伴走役の2人1組に分かれた児童たちは、「きずな」と呼ばれるロープを互いに握りしめ、体育館を走った。

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、マスク姿で参加する児童の姿も見られた。高田選手は「視覚障害があると手でものを触ることが一般の人より多い。うがいや手洗い、何か触った後は除菌するなど予防を徹底したい」と話した。(西畑志朗