[PR]

 芝野虎丸名人(20)への挑戦権を争う第45期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は27日、ここまで無敗の一力遼八段(22)=2勝0敗=と許家元(きょ・かげん)八段(22)=3勝0敗=が激突する。朝日新聞デジタルは、リーグ前半戦の大一番を対局開始の午前10時から終局までライブ中継する。

 リーグ出場9人のうち、無敗はこの2人と3期ぶりの名人復位をめざす井山裕太棋聖(30)=3勝0敗=の3人だけ。開幕前から優勝候補に挙がっていた3人が予想どおりの活躍を見せ、その直接対決がリーグ優勝を左右するとみられていた。その最初の一番が本局となる。

 両者の対戦成績は一力の7勝1敗。許にとって、同い年の一力は天下取りのために越えなければならない壁となっている。一方、一力もこの対局の次に井山との決戦を控えており、無敗のまま臨みたいところだろう。

 囲碁界は第一人者の井山と、ポスト井山を担う芝野、一力、許の「令和三羽烏(さんばがらす)」による4強の構図が固まりつつある。井山がタイトルを保持する本因坊戦リーグでは、三羽烏がそろって4勝1敗でトップを並走。一力と許は、ここでも3月に首位決戦を控えており、正念場が続く。(大出公二)