[PR]

 北海道の鈴木直道知事は25日夜の対策会議で、道教育長や市町村教委に対し「各地域の教育長や自治体の考え方などもあると思うが、私はやはり知事として、休校を含めて検討すべきだと思う」と要請した。

長野で初の感染確認

 新型コロナウイルスの感染拡大が続き、25日午後11時半までに、国内で新たに11人の感染が確認された。北海道5人、愛知県3人、長野県1人、徳島県1人、熊本県1人で、長野、徳島両県での感染確認は初めて、北海道では35人となった。

 徳島県では、集団感染が起きた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号から下船した同県藍住町の60代の女性が、検査で陽性だったことがわかった。発熱などの症状はなく、船内で検査を受けた際には陰性だったという。四国での感染確認は初めて。船内で待機した後に下船した乗客では、栃木県の女性も感染が確認されている。

 徳島県によると、女性は20日に下船。シャトルバスと電車、飛行機、自家用車で自宅に帰った。その後は外出していないという。

 長野県で感染が確認されたのは、松本保健所管内に住む会社役員の60代男性。県によると、男性は今月14~17日に北海道に、17~19日に東京都内に滞在。21日に37~38度台の熱があり、県内の医療機関を受診していた。24日から県内の別の感染症指定医療機関に入院し、25日に検査で陽性反応が出たという。

 北海道内では、20代~70代の男性3人と、20代と60代の女性各1人の感染が確認された。このうち60代女性は札幌市在住で、24日に感染が公表された市内の70代女性の友人という。女性は17日に発熱して医療機関にかかったが、その際、肺の画像には異常がなく、21日に別の医療機関を受診。24日に市立札幌病院を受診し、25日未明に感染がわかった。最近の海外渡航歴はないという。

 名古屋市は、市内の70代女性2人と40代女性1人が感染したと発表した。70代の1人は入院中で、残る2人も近く入院予定。いずれも容体は安定しているという。市によると、3人とも最近の海外渡航歴はないが、70代の2人は米・ハワイから帰国後に感染が確認された市内の60代女性と同じ屋内施設を利用していた。40代の女性は19日に感染が確認された市内の50代女性と接触があったという。

 熊本市では、60代女性の感染が確認された。熊本県内で初めて感染が確認された20代女性看護師の母親で、21日の検体検査では陰性と診断され、自宅で健康観察を続けていた。