[PR]

 1月、大阪であった卓球の全日本選手権女子シングルス5回戦。東京五輪代表に選ばれた平野美宇選手を4―1で破って16強入りし、注目を浴びた。

 茨城県ひたちなか市出身の出沢杏佳さん。父の影響で、小学1年から日立市の卓球クラブに通い始め、かつて全国高校総体女子ダブルスで準優勝した経験をもつ小貫美穂子コーチの指導を受けた。

 このとき身につけたのが、台の近くでプレーし、相手の打球を前方で打ち返す「前陣攻守」スタイル。全日本選手権でも、ラケットの両面とも表面に突起のあるラバーを貼った戦型で変則的な返球を繰り返し、平野選手を幻惑して追いつめた。

 普段は水戸市の大成女子高に通…

この記事は有料会員記事です。残り329文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース