[PR]

 西武鉄道の池袋―西武秩父駅間で四半世紀以上走り続けてきた特急ニューレッドアロー号が3月13日で同区間の定期運行を終える。翌14日のダイヤ改定に合わせた措置。記念のヘッドマークを取り付けたレッドアロー号(1編成)が同区間で今月24日から走行するなど、フィナーレに向けて盛り上がりを見せている。

 ニューレッドアロー号は初代レッドアロー号の後継車両として1994年に投入された。2011年には初代レッドアロー号の車両をイメージしたレッドアロークラシックも運行を開始。昨年3月に同区間で運行を始めた新型特急Laview(ラビュー)と合わせ、現在は3種類の特急が走っている。

 今回のダイヤ改定で姿を消すのは、このうちニューレッドアロー号とレッドアロークラシック。今後、同区間を走る特急はすべて、ラビューとなる。

 記念のヘッドマークは、ニュー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら