[PR]

 新型コロナウイルス対策で有力視されている治療薬の大規模な治験を始めると、米国立保健研究所(NIH)が25日に発表した。世界保健機関(WHO)の担当者も効果を認める発言をしており、治験がうまく進めば治療薬として承認される可能性もあるが、1年以上はかかるとみられている。

 NIHや米メディアによると、治療薬は米製薬大手ギリアド・サイエンシズ社による「レムデシビル」。エボラ出血熱の治療のために開発された抗ウイルス薬という。すでに中国・武漢でコロナウイルスの患者に使われ、WHOの医師が24日、「新型コロナウイルスの肺炎に対抗できる唯一の薬だ」との見解を示していた。1月、武漢から米国に帰国した男性感染者にも投与され、回復したという。

 治験はNIHと米ネブラスカ大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら