[PR]

 26日午前4時50分ごろ、岡山県赤磐市穂崎の民家で「息子が刀を振り回している」と住人の女性(77)から110番通報があった。直後に近くのセブン―イレブン赤磐穂崎店からも「男が女性を刺している」と従業員が通報。県警赤磐署員が駆けつけたところ、店内で血だらけで倒れている女性が見つかったが、約1時間後に死亡が確認された。

 県警によると、亡くなったのは、通報があった民家に住む無職小林利枝さん(50)。県警は、自宅にいた夫の自営業小林芳宜(よしのぶ)容疑者(51)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、容疑を殺人に切り替えて調べている。発表では、逮捕容疑は26日午前4時50分過ぎ、店内で利枝さんの腹部などを日本刀(刃渡り72センチ)で複数回刺し、殺害しようとしたというもの。容疑を認めているという。

 県警によると、小林容疑者は利枝さんと母の3人暮らし。自宅から逃げ出し、北へ約400メートルの距離にある店に駆け込んだ利枝さんを追いかけ、日本刀を突き刺した疑いがあるという。

 現場はJR山陽線瀬戸駅の西約3キロで、山陽自動車道の山陽インターチェンジの西約2キロの田畑が広がる一角。