写真・図版

[PR]

 風疹の流行が問題になっています。2019年は2千人以上の患者が報告されました。40~57歳の男性がとくに注意が必要とされ、厚生労働省は免疫があるかどうかを調べる抗体検査を呼びかけています。44歳男性の私は、ずばりこの世代。風疹の抗体検査について、調べました。

 国立感染症研究所によると、19年の患者報告は男性1804人、女性502人。男性が約8割を占めます。12~19年でみても、この比率はあまり変わりません。

 1962年4月2日~79年4月1日生まれの男性は、ワクチンの定期接種の機会がありませんでした。抗体保有率は80%ほど。90%前後あるほかの世代に比べ、風疹にかかりやすいと言えます。

 風疹はくしゃみやせきのひまつで感染が広がります。1人の患者から免疫がない6~7人にうつす可能性があるとされ、1人から1~2人とされるインフルエンザに比べても、強い感染力があることがわかります。

 風疹の大きな問題はCRS(先天性風疹症候群)です。妊娠中の女性が感染すると、おなかの赤ちゃんに心臓の病気や、難聴、目の障害などが起きるおそれがあります。1万4千人以上の風疹患者が報告されるなど大流行のあった2013年を中心に、45人のCRSの赤ちゃんが報告されました。

 川崎市健康安全研究所の岡部信…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら