[PR]

 新型コロナウイルスの拡大を受け、ラグビーのトップリーグは2月29日と3月1日に予定していた第7節の8試合と3月7日、8日に予定していた第8節の8試合について、延期することを決めた。チケットは払い戻しする。日本協会が26日、発表した。

 トップリーグは無観客試合や中止も視野に入れていたが、最終の第15節(5月9日)までに試合のない予備週を二つ設けており、会場確保のめどが立ったことから延期を決めた。第7節の試合は3月21、22日、第8節の試合は5月2、3日に開催できるよう調整している。記者会見で、太田治チェアマンは「お客様あってのトップリーグで、延期はやむを得ない」と語った。