[PR]

 約70年前に熊本県で起きた「菊池事件」をめぐり、元ハンセン病患者6人が国に慰謝料を求めた国家賠償訴訟で、熊本地裁(小野寺優子裁判長)は26日、判決を言い渡し、菊池事件を裁くために隔離した場所で開かれた「特別法廷」について、法の下の平等などを定めた憲法に違反すると認めた。判決で特別法廷の違憲性が認められたのは初めて。慰謝料の請求については棄却した。

 特別法廷は1948~72年に各地で計95件設置が許可された。2016年に最高裁は、遅くとも60年以降については裁判所法に反するものだったと認め、「ハンセン病患者に対する偏見、差別の助長につながった」と謝罪した。

 菊池事件では、ハンセン病患者とされた男性が殺人罪に問われ、国立療養所菊池恵楓園(熊本県合志市)などで開かれた特別法廷で裁かれた。男性は死刑を言い渡され、再審を求めたが62年に執行された。

 弁護団は、特別法廷では憲法が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら