[PR]

 三菱UFJ銀行は25日、東南アジアの配車サービス最大手グラブ(シンガポール)と資本業務提携を結んだと発表した。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の数社と共同で、最大7・06億ドル(約783億円)を出資する。グラブのスマートフォン用アプリを通じて個人向けローンや保険などを提供し、東南アジアで顧客の拡大をねらう。

 グラブはインドネシアやタイなど東南アジア8カ国で事業を展開。一般ドライバーが客を乗せるライドシェアの配車や料理の宅配、デジタル決済などを手がける。一つのアプリでさまざまなサービスを完結できる「スーパーアプリ」を持ち、ダウンロード数は2億近くにのぼるという。

 同社にはソフトバンクグループやトヨタ自動車なども出資している。三菱UFJ側の出資は今年半ばまでに実施し、出資比率は数%になる見通しだ。

 東南アジアでは、銀行口座を持…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く