[PR]

 乗員乗客が新型コロナウイルスに集団感染したダイヤモンド・プリンセス号からの患者搬送をめぐり、神奈川県の黒岩祐治知事は26日、「県が中心におこなった。本来なら国が真っ先に飛んできて全体を仕切るのが筋」などと述べ、国の対応を批判した。この日あった新型コロナウイルスに関する県の対策会議の後、報道陣の取材に答えた。

 黒岩知事は、県内外の搬送先探しや感染者の振り分けについては県が主に担ったとし、「我々は県民へのサービスが基本。3700人が乗った船が来て、『県がやるしかない』と対応した。本来は国がやるべきだった。国には、危機管理の態勢ができていなかったんだなと感じざるを得ない」とも語った。

 県関係者によると、乗員乗客の搬送について当初は県が受け入れ先を探し、横浜市が搬送を担った。その後は、国の職員や災害派遣医療チーム(DMAT)のメンバーらが加わり、対応していたという。(斎藤茂洋)