[PR]

沖縄県立那覇高校(下)

太陽のように温かい愛

 那覇市の中心部にある沖縄県立那覇高校。吹奏楽部は全日本吹奏楽コンクール全国大会に過去3回出場したことがあり、ここのところ8年連続で九州大会に進み、昨年は5年ぶりの金賞に輝いた。

 昨年のその九州大会で、歓喜に沸いた吹奏楽部員たちの中、手放しで喜べずにいる女子部員がいた。「アイ」こと、2年生でトランペットを担当する大城あい。2020年度の那覇高吹奏楽部を背負う新部長に決まっていた。

 那覇高では1年生の秋に投票で「2年後の部長」を選び、1年間は部長の見習いをするというシステムになっている。アイはすでに部長に決まっていたのだ。

 アイは周囲の部員たちから信頼され、吹奏楽部顧問の高江洲奈(たかえす・だい)にも「人を傷つけずに注意ができるし、練習にもひたむきに取り組んでいる」と高く評価されていた。

 しかし、昨年のコンクールでアイは挫折を味わった。

 コンクールに出場するメンバー55人を選ぶ部内オーディションで、アイは自分なりに練習の成果をすべて出せた演奏だったと感じた。同じトランペットパートの奏者たちは思うような演奏ができなかったようで、中には泣いている者もいた。

 「高1のときはメンバーになれなかったけど、今回はなれるかな」とアイは期待に胸を膨らませた。

 ところが、結果はまさかのメンバー外。欠員が出たときのための補欠というポジションだった。

 一緒に頑張ってきたトランペッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら