[PR]

 韓国保健福祉省は26日、国内での新型コロナウイルスの感染者が前日午後より284人増の1261人になったと発表した。うち約8割は、韓国政府が感染症の「特別管理地域」に指定した大邱とその周辺で確認されている。感染者が1千人を超えるのは中国に続いて2カ国目。死者は2人増の12人となった。

 韓国では保守系メディアを中心に、不足しているマスクを最近まで中国へ大量に輸出していたことや、中国からの入国を厳しく制限していないことを問題視する空気が広がっている。大統領府がサイト上で受け付ける国民請願では「中国人の入国禁止」に76万人が賛同した。

 こうした対応を批判して、文在寅(ムンジェイン)大統領の弾劾(だんがい)を求める請願活動も始まった。「韓国の大統領でなく中国の大統領のようだ」などとの訴えには、26日午後9時半現在で約80万人が賛同。20万人を超えると政府が回答する必要がある。3月5日の締め切り後に対応を迫られそうだ。

 新型コロナウイルスへの対応をめぐっては、文氏が出席した25日の大邱での会議に、感染者と接触した人が同席していたことが発覚。出席者を一時隔離するよう大統領府が求めるなど混乱があった。また、在韓米軍司令部は26日、兵士(23)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。在韓米軍の兵士に感染が確認されたのは初めて。(ソウル=神谷毅)