[PR]

聖火がまちに 京都

 「昔は一升瓶をトーチに見立てて練習した人がいたらしい」。京都最大の花街・祇園甲部の芸妓(げいこ)佳(か)つ雛(ひな)さんは聖火ランナーに選ばれて以来、しばしば客と聖火リレーの話題で盛り上がる。

 「私みたいな若手がまさか選ばれると思ってへんかったので、ほんまに恐縮してます」。芸妓といえば着物に日本髪のかつら、白塗りの化粧。着物で聖火ランナーを務めるのは無理そうだが「芸妓さんらしい姿で走りたい」。当日、どんないでたちで臨むかを思案中だ。

 宇都宮市出身の26歳。高校2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら