写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ理由から、2021年春卒業予定の大学生らを対象とした企業説明会を中止する動きが広がっている。

 就職情報大手のマイナビは26日、3月1~15日に予定していた合同企業説明会の中止を発表した。47都道府県167会場で開く予定だったが、学生および採用担当者の安全面などに配慮して中止を決めた。

 ディスコも3月1~15日に開催予定だった合同企業説明会の中止を決めた。全国13会場で開催予定だった。開催をめぐる協議はこれまでも重ねてきたが、政府がイベントの自粛を要請したことを受け、「スポーツ・文化イベントとは異なるが、感染拡大を少しでも防ぐことを優先して決めた」(広報)としている。

 両社とも、3月16日以降の開催は状況を見ながら判断していくという。

 企業説明会をめぐっては、就活情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアも3月中に予定していた計81件の説明会の中止を決めている。(吉田貴司)