[PR]

 「毎日のように虐待を見て限界でした」「ストレスを心愛(みあ)にぶつけた」。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、父親の勇一郎被告(42)が傷害致死などの罪に問われた裁判員裁判。26日に千葉地裁であった証人尋問で、心愛さんの母親(33)は虐待とされる行為が繰り返されるようになった経緯や当時の心境を語った。

 母親は、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われ、執行猶予付きの有罪判決が確定している。裁判では時折、言葉に詰まりながらも、淡々と証言した。

 母親によると、沖縄で出会った当初、被告は「明るく優しかった」が、交際後は暴言を吐いたり束縛したりするように。入籍後はメールや電話で状況を確認されたという。一度離婚したが、復縁後には「平手でビンタしたり押し倒したりしてきた」と暴力があったとした。この頃、心愛さんとの関係は「仲がいい親子にみえた」「(暴力や虐待は)全くなかった」と話した。

 次女の出産後に入院。約3カ月後に退院し、野田市内の被告の実家に身を寄せていた心愛さんに会った際の様子を「少しやせていて、あまり元気がなく、くまがあり、疲れているように見えた」と語った。

 当時、心愛さんは夜中に被告に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら