[PR]

 テニス女子シングルスの元世界ランキング1位で、4大大会全てを制する生涯グランドスラムを達成したマリア・シャラポワ(32)=ロシア=が現役を引退すると26日、複数の海外メディアが報じた。

 シャラポワは2016年1月の全豪オープン中に受けたドーピング検査で陽性反応を示し、1年3カ月の資格停止処分を受けた。17年4月の大会で復帰したものの、けがなどで不調が続いていた。