[PR]

 北村誠吾地方創生相は26日夜、自民党衆院議員の政治資金パーティーに出席し、「(衆院の)予算委員会で(答弁に)詰まりまして、非常に有名になりまして、誠にありがたく存じております」とあいさつした。北村氏は「桜を見る会」をめぐる公文書管理の問題で担当閣僚として国会答弁に立ち、言い間違いなどを繰り返して野党から問題視されている。

 北村氏はこの日、「これからもしっかりといろいろなことを勉強させてもらいながら、今は『勉強じゃ間に合わん』というお叱りを受けておりますけども、『まあそう言わずに使って下さい』という思いで頑張ってまいります」と述べ、引き続き閣僚として職務にあたる意欲も示した。