[PR]

 右折したい。でも、その三差路を曲がった先には車が詰まり、左からも車が進入、路面電車も近づいて、曲がれないまま信号は赤に――。熊本市内はとかく運転しにくい場所が多い。その要因の一つは、「難攻不落」と言われた熊本城の築城とともに生まれたという。

 2019年6月、国土交通省や熊本県、熊本市などが県内の交通事情を改善すべく、熊本都市道路ネットワーク検討会を立ち上げた。背景には、熊本市内の慢性的な交通混雑、高速道路や空港へのアクセスの悪さなどがある。

 熊本市内は熊本城(同市中央区)を中心に放射状に道路が通り、朝夕のピーク時は市街地や幹線道路での渋滞が常態化している。検討会によると、熊本市中心部の自動車平均速度は、東京、大阪、名古屋を除く全国の政令指定都市でワースト1位。渋滞箇所数もワースト1位だ。

 検討会が中心部の渋滞の要因の一つとしてあげているのが、市内に見られるクランクやL字路が続く区画だ。こうした道路は、熊本城周辺で目立つ。熊本城南側の坪井川にかかる船場橋西側の三差路付近もその一つ。クランクで車が詰まり、直線が続かないため走行速度が低下する。

 熊本城は、加藤清正によって1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く