[PR]

 米中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるビール会社の敷地内で26日午後(日本時間27日未明)、銃撃事件があり、5人が死亡した。地元警察によると、容疑者は従業員の男(51)で事件後に銃で自殺した。同日解雇され、会社の制服姿だったという。

 現場は北米大手「モルソン・クアーズ」の事務所兼醸造所で、ビール「ミラー」の製造拠点として知られる。人事や経理、IT関連なども含め、少なくとも600人が働いているという。地元紙は従業員の話として、醸造所の2階付近に銃撃犯がいると社内連絡が回ったと伝えた。(ニューヨーク=藤原学思)