[PR]

 他人の畑からキャベツを盗んだとして、高松南署は26日、香川県三木町のタマネギ農家の男(45)を窃盗の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「お金にするためにやった」と容疑を認めているという。

 署によると、男は同日午前9時15分ごろ、高松市の野菜販売会社が所有する市内の畑に、知人の男性と軽トラックで乗りつけ、キャベツ4個(計200円相当)を刈り取って盗んだ疑いがある。男性には「俺の畑で収穫するけん手伝って」と誘っていたという。

 周辺では、昨年12月からキャベツやサニーレタスが盗まれる被害が相次ぎ、署員がこの日午前5時ごろから張り込んでいた。男がキャベツを荷台に載せたのを見て声をかけたという。(平岡春人)