[PR]

 韓国で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、韓国軍と在韓米軍は27日、3月上旬にも始める予定だった米韓合同軍事演習を延期すると記者会見で発表した。

 米韓両軍によると、韓国政府が危機警報段階を「警戒」から最高レベルの「深刻」に引き上げたことを受け、米韓連合軍司令部の指揮所訓練を延期することにした。韓国側から、兵士の安全を最優先に考慮したいと提案。米側も受け入れたという。

 韓国軍内には同日午前9時半現在で21人の感染者がおり、約9千人が自主的な隔離措置を取っている。在韓米軍でも兵士1人の感染が明らかになった。

 米韓合同軍事演習は例年、2月末から3月初めごろに始まり、4月末ごろまで韓国で行われる。米韓は当初、北朝鮮の核問題をめぐる米朝協議再開に向けた環境を整えることなども念頭に、昨年と同じように規模を縮小して実施することを検討していた。(ソウル=鈴木拓也)