[PR]

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は27日昼、森雅子法相への不信任決議案と棚橋泰文・衆院予算委員長(自民党)の解任決議案を、それぞれ衆院に提出した。与党側は不信任案や解任案を同日の衆院本会議で否決し、28日までに2020年度予算案の衆院通過を図る方針だ。

 森氏への不信任案の提出理由で、野党側は東京高検検事長の定年延長を「過去の法解釈を無視した脱法的な手続きによって、次期検事総長候補に据える恣意(しい)的な人事を強行した」と指摘。所管大臣である森氏の責任を問う。

 野党側は、棚橋氏の「与党寄り」の議事運営をたびたび批判してきた。解任決議案の提出理由で「安倍内閣に忠実な、極めて強引かつ不公正な委員会運営を行ってきた。(野党)議員の質問権の侵害と言わざるを得ない」と断じた。予算案の採決を急ぐ姿勢も「許しがたい暴挙」と批判した。