拡大する写真・図版岡歩美さんが留学したクローロップホイスコーレ。教師と学生の対話で授業は進んだ=2019年12月、デンマーク・フムレベック、岡歩美さん提供

[PR]

 「民主主義って何だ」。安全保障関連法案への反対のうねりが全国に広がった2015年夏、全国で繰り返されたコールだ。当時、若者らでつくる団体「SEALDs TOKAI(シールズ東海)」の一員としてその中にいた津市の岡歩美さん(29)は昨年、デンマークに短期留学した。民主主義について、改めて考えたかったからだ。

 大学時代、幼児教育を学んだ。園舎にこもらず、森での自然体験を教育の柱に据える「森の幼稚園」に関心があり、発祥国のデンマークにも興味を持った。

 三重県内の高齢者福祉施設で働いていた昨年1月、もっと福祉を学びたいと考え、高福祉国として知られるデンマークへの短期留学を思い立った。現地で「フォルケホイスコーレ」と呼ばれる学校を知った。

 デンマークで生まれた全寮制の教育機関で、同国内に約70校。入試はなく、17歳半以上なら誰でも入ることができる。哲学、語学、芸術など学校ごとに特色があるものの、いずれも学生や教師との対話を通じ、個人の人格を高めることを共通理念にしている。

 フォルケが「民主主義の学校」と呼ばれていることも知った。安保法の成立以降も「共謀罪」法やカジノ実施法などで強行採決が繰り返されてきた日本の政治状況が頭を巡った。

 「私の考える民主主義とは相いれないことが続いてきた――」。留学の目的は「福祉の学び」から、次第に「民主主義の学び」へと移っていった。

拡大する写真・図版国会前で安保法案への反対を訴えた岡歩美さん。その後、シールズ東海の結成に参加した=2015年8月30日、東京都千代田区

おか・あゆみ 1990年生まれ。津市出身。三重大学教育学部卒業後の2015年9月、集団的自衛権の行使に道を開く安全保障関連法案に反対して、シールズ東海の結成に参加。16年の参院選では市民団体「市民連合みえ」の呼びかけ人の一人として活動し、三重選挙区での野党共闘の取り組みを進めた。

デモ見学が授業。日本だったら

 選んだのはコペンハーゲン北方の街にある「クローロップホイスコーレ」という学校。デンマークの戦後民主主義の成立に大きな影響を与えた神学者が創設に関わったと知り、決めた。

 昨年8月に入学。学校は教室と食堂、寮が同じ建物内にあり、学びも生活も校内だけで完結した。遊べるような外出先もほとんどない田舎街。自身を含む学生たちは自然と、濃密な対話の渦に放り込まれた。

 学生はデンマーク人が約100人で、日本人を含む外国人が20人程度。外国人には、デンマーク人との合同授業も含め、英語で授業が進められた。

 驚きの連続だった。気候変動問題を訴えたコペンハーゲンでのデモを「授業」として見に行ったこともある。教育は「いかに行動する学生を育てるか」という観点で進められた。

拡大する写真・図版「授業」で見に行った気候変動問題のデモ。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんを描いたプラカードも見える=2019年9月、コペンハーゲン、岡歩美さん提供

 岡さんには、日本で18歳選挙権が導入された際、議論が学校での主権者教育の「政治的中立性」に集中した印象がある。フォルケでは、政治を自由に語り合えた。教師も生徒もファーストネームで呼び合い、対等な関係が議論を加速した。

 教師たちが、ラジオの相談番組風のトークイベントを開いたことがある。女子学生の一人が配られた質問用紙に、「寮で同室の女の子が好き。どうしたらいいでしょう」と書いた。すると教師はその質問を取り上げ、答えた。「今夜、告白したら」。教室が沸いた。

 日本でも、性的少数者の人権が語られるようになったが、同性婚を法律で認めているデンマークとは状況が大きく違う。「日本の学校だったら、学生がこんな質問をして、先生も逃げずに答えられただろうか」。岡さんは考え込んだ。

 留学前、「この学校で、デンマークの民主主義を学ぶのだ」と思っていた。しかし、滞在した4カ月間、日々、頭の中を巡ったのは「もし日本だったら」という思いだった。異国での学びは、日本社会を映し出す鏡になった。

人権と表現。どう考えれば

 国連の関連団体が昨年3月に発表した「世界幸福度報告」で、デンマークはフィンランドに次ぐ2位。だが、岡歩美さん(29)は、この国にも様々な問題があることを留学中に知った。

拡大する写真・図版デンマークに留学した岡歩美さん。「もう一度、民主主義について考えてみたかった」と話す=2020年2月3日、津市

 フォルケでは、外部から講師を招き、社会的対立のある問題を取り上げる授業もあった。昨年9月のジャーナリズムの授業では、紛争国で報道機関への支援などに取り組むNPOのメンバーが教壇に立った。

 シールズ東海の一員として活動し、その後も平和や女性の人権問題などを訴え続けてきた岡さん。彼女が留学して考えたことを紹介します。

 取り上げられたのは、デンマークの保守系新聞が2005年9月、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺漫画を載せ、イスラム教徒の反発を招いた事件。学生から「人権侵害は許せないが、表現の自由も大切。どう考えればいいのか」と質問が飛んだ。

 NPOメンバーの答えはこうだ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら